ジンライムの一路

私の聖書勉強、ほか徒然

罪赦される幸いなもの

今回は詩篇32篇です。ダビデのマスキール

詩篇51篇に並ぶ、罪の赦しの喜びと幸いをうたったダビデ詩篇です。悔い改めの七つの詩篇(6、32、38、51、102、130、143)の二番目のものです。1~2節は罪の赦しの幸い、3~4節は認罪の苦しみ、5~7節は告白による赦しと救い、8~11節は主への服従と信頼の勧めとなっています。

マスキールとは詩的用語または音楽用語と思われます。このヘブル語は「賢い、成熟した」という意味の「サーカル」という言葉に関係していると思われます。表題に「マスキール」が使われているのは、教えることや指示を与えるときに通常使われていたことを示唆しています。この詩篇は罪(自分の道を歩んで神を拒むこと)の性質と、それを隠して罪から立ち返ることを拒むとどうなるか、また罪を告白して罪から離れて、赦しを見出そうとするとどうなるかを描いています。


幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。(1節)

本当に幸せな人とは神から赦しを受けた人々だけです。神に対する罪の罪悪感がその人々の心や思いに重くのしかかることはありません。良心はもはや苦しむことはないのです。


幸いなことよ。主が咎をお認めにならない人、心に欺きのないその人は。(2節)

ローマ4:6~8はこの箇所を引用して、神は心から悔い改めた罪人(後悔して罪を犯すことをやめ、神に身をゆだねて完全に自分の行いを変えた人々)を正しい人として扱ってくださることを示している。これは自分の良い行いによって神の好意を得たからではなく、自分の罪を認め、神に自分の生涯を導いていただくように頼って、赦しと新しい出発を神の賜物として受け取ったからなのです。

 

1節、2節の、咎、罪、不義はそれぞれにニュアンスはありますが、いずれも倫理的なことよりも神との関係という意味を、その根底に持っています。神との関係から見れば、私たちは神によって造られている存在です。言うならば神のための建築材料のようなものです。それらの材料は大工の思いのままに棟木に、床柱に、あるいは根太に用いられて家が建てられるのです。

ところが自分が神の材料のようなものだと言われると、私たちは自分がまったく主体性のないみじめな者のように思われてきたりします。しかし、このことを本当に理解するならば、どんな人も、そこに含まれている生きる意味を見いだすようになれると思います。なぜなら、それぞれに用いられ方は違っても、一人ひとりが神にとってなくてはならない存在であることを知らされるからであります。ところが私たち人間は、ともするとそういうことを忌み嫌い、自分の思いどおりに生きていこう、自分の主体性を主張していこう、神といえども私の思いや計画、願いに一指もふれてもらっては困る、私は私の希望どおりに生きるのだという、 いわば神に対する独立心のようなものをいだきやすい。これが罪なのです。

だから私たちは、神の創造、神の愛ということがわかってこなければ、罪ということを充分理解することはできません。その点イスラエルの人々ははじめから創造の神とか、いつくしみの神というものを知っていて、それに対して自分はどうなのかという問題が自然に起きてきた。そのイスラエルの人々が一番待ち望んだこと、それは神からの祝福でありました。その祝福を受けるために彼らは神と自分の関係を正さなければならなかったのです。そしてそのために一生懸命になった生き方から、こんどは神によってそれが赦されるという現実が 曙のように明けそめてきました。その明けそめてきた喜びの訪れによってはじめて悔改めの世界がもたらされたのでありました。

自分はこんな悪いことを、あんな悪いことをしたといって神に赦していただくのは、悔改めではなく微悔であす。侮改めとは、ギリシア語でメタノイヤ、すなわち後に起きてくる考えという意味からも明らかなように、神に赦されたということから起きてくることなのです。この赦しが私にとって現実となって、本当に悔い改めたとき、「この十字架のゆえに私はもう赦されているのだ、もう私は新しい自分になっているのだ」という喜びにあふれて歩んでいく者となるのです。

 


 

キリスト者にさまざまな喜びと幸いがありますが、罪が赦された時の歓喜と幸いに勝るものはありません。ここに、どのように救いと神との交わりの回復に導かれていくかのプロセスを見ることができます。まさに大いなる救いに至る聖書的な道です。

第一に、敷いは深刻な認罪から始まります。これなくして救いは始まりません。罪を告白する前、ダビデはその罪のため苦しみ呻くのです。骨は古び衰え、神の裁きの御手は昼夜重くのしかかり、力は枯れはてて夏の日照りのようであったというのです。 自分の罪を深刻に認め、痛み苦しむ者は必ず次の段階に進みます。

第二は自分の罪を告白することです。「私は自分の罪をあなたに知らせ、自分の答を隠しませんでした。私は言いました。『私の背きを主に告白しよう』と」(5節)。この告白は、新約聖書ではホモロゲオーという用語が用いられています。ホモとは同じこと、ロゲオーは言い表す。罪を隠さず、ありのままに神に言い表す。これが告白です。

第三は罪の赦しを信じ、感謝することです。信仰こそ決定的な赦しの条件です。ダビデはただ神のあわれみを信じ告白しました。今の私たちにおいては主イエスの十字架は私の身代わりであったと信じることです。「すると あなたは私の罪のとがめを赦してくださいました」との赦罪の確信が与えられ、1~2節の大感謝へと導かれます。

第四は新しいいのちに生きることです。敬虞な人(6節)、主に信頼する者(10節)、正しい者(11節)、心の直ぐな人(11節) に生まれ変わり、試練の濁流の中でも守られ(6~7節)、主に教えられ(8節)、恵みに囲まれ、主を喜び楽しむ者となるのです。