ジンライムの一路

私の聖書勉強、ほか徒然

国々を治められる神 詩篇67篇

1 どうか、神が私たちをあわれみ、祝福し御顔を私たちの上に照り輝かしてくださるように。2 それは、あなたの道が地の上に、あなたの御救いがすべての国々の間に知られるためです。
詩篇67:1~2

この詩篇は最初アブラハムに啓示されたときから続いている神の民に対する神のご計画を示しています。

(1)神がアブラハムを選ばれたのはその子孫を通して世界のあらゆる国の人々が神を知るようになるためでした。神がイスラエルに対して好意をもって祝福を注ぐことによって、神を敬わない国々が気付いて神をあがめ、真実と正しいことに関する神の基準を受入れるようになることを神は望まれたのです。

(2) キリストに従う人々は神が自分たちや家族、置かれている情況を通して働いてくださるように、そして神の臨在と愛、導きと癒し、神の特性などが周囲の人々にはっきりとわかるように祈るべきです。その結果キリストを知らない人々が神の真理について考え始め、主、救い主として受入れるようになるかもしれません。

(3) 効果的な宣教(近隣や世界中の人々に神の愛と赦しとキリストによる新しいいのちのメッセージを届けること)のかぎは、神の力と祝福が目に見えるかたちで神の民の間に現されることです。新約聖書は、聖霊によってこういうことが起きていることを描いています(✅ガラテヤ3:14)。神はこの聖霊を神に従う人々に与えると約束され、父である神は「御子の御霊を、私たちの心に遣わ」すと約束されました。私たちの内に住まわれる神の御霊はあらゆる国々にキリストのメッセージを広めるために力を与えてくださります。

ガラテヤ3:14

このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。

 


 

5 神よ。国々の民があなたをほめたたえ、国々の民がこぞってあなたをほめたたえますように。6 地はその産物を出しました。神、私たちの神が、私たちを祝福してくださいますように。
詩篇67:5~6

このように神をほめたたえることは、大部分のクリスチャンが理解しているよりはるかに重要なことです。「あなたがたの神、主をほめたたえよ」と繰り返し語られる命令の根底には理由があります。神は、ほめたたえることによってご自分の子供たちがどうなるかをご存じです。ですから、一度だけではなく何度も何度もほめことばを口にするように、彼らに命じておられるのです。もしも落胆させる言葉が敵に対して戸を開けてしまったとしても、賛美の言葉が戸を閉めて錠をかけてくれます。それだけでなく、敵をはるか遠くに追い払ってくれるでしょう。「暗闇の世界の支配者たち」にとって、神に信頼する子供たちの賛美ほど嫌なものはなく「賛美のいけにえ」ほど、神を真に讃えるものはありません。

神はご自分の民に、神をほめたたえるように命じられました。「諸国の民がみな」それに従うまで、「大地はその実りを生み出しました」という状況は実現されません。心理学的・生理学的観点から見ると、賛美の価値はほとんど測ることができないのです。この命令に従う場合に霊的・精神的・身体的領域において実現される有益な結果を、すべてあげることなど不可能ですから。

もしもクリスチャンが絶えず神を賛美しはじめたら、どんな結果になるでしょうか。間違いなく、地上のいたるところで大いなる救いが実現され、神の民の賛美のこだまが高く上っていくにつれて、御使いたちは天が澄み渡って光が満ちるのを目にし、神はほめたたえられることでしょう。